作業アイテムのウォッチ

ウォッチにより、個別の作業アイテムのステータスの把握が可能になります。重要なポートフォリオ アイテム、ユーザ ストーリー、ディフェクト、またはタスクを持っていて、その詳細が変更されたときに即座に通知を必要としている場合はウォッチの使用をお勧めします。作業アイテムがウォッチされている場合、他のユーザによって行われる各編集に関して電子メール通知が生成されます(自分の編集については通知は生成されません)。

現在のスコープであるワークスペースに関連付けられているウォッチのみを表示できます。必要に応じてワークスペースのスコープを変更してください。

ウォッチは、標準的な電子メール通知とは異なる方法で作用します。設定またはセットアップについてのルールはありません。ウォッチ通知は電子メールで送信され、現在、ダッシュボードまたはカスタム ページの[マイ通知]アプリケーション内に含まれています。

ウォッチの有効化

ウォッチ機能を使用するには、サブスクリプションとプロファイル設定の両方において電子メール機能を有効化しておく必要があります。電子メール通知を有効にしていない場合、アイテムのウォッチを試行するときにエラー メッセージを受け取ります。

 

サブスクリプションで電子メール通知を有効にするには、サブスクリプション管理者に連絡してください。プロフィールで電子メール通知を有効にするには、プロフィールを編集します

電子メール機能の有効化により、セットアップした任意のアクティブな通知ルールから電子メールを送信することも可能になります。これは、[マイ <作業アイテム> (および直接関連するアイテム) に対する変更の通知]通知トリガを各作業アイテム タイプに対して含んでいます。自分のウォッチに関係していない不要な電子メールを受け取る場合は、通知ルールおよびトリガを確認してください。

 

ウォッチの作成

ウォッチ]ボタンはユーザ ストーリー、ディフェクト、タスク、ポートフォリオ アイテムの詳細ページにあります。ギア メニューをサポートしているページおよびアプリケーションから[ウォッチ]コマンドにアクセスすることもできます。

 

詳細ページからの場合 ギア メニューからの場合

ウォッチの一括作成または削除

サマリ ページおよびギア メニューをサポートしているアプリケーションから、一度に複数のアイテムに対してウォッチを作成することができます。各作業アイテム行の左側のチェックボックスでウォッチするアイテムを選択し、[一括アクション]ギア メニューから[ウォッチ]コマンドを選択します。

一度に複数のアイテムのウォッチ解除を行うには同じ方法を使用します。

 

選択したうちのアイテムが既にウォッチされているかウォッチ解除されている場合、ページ上の成功の通知によって結果が知らされます。

 

 

ウォッチの管理

CA Agile Central のプロファイル モードにある[ウォッチ]ページでは、自分のユーザ名に対して作成されたアクティブなすべてのウォッチを見ることができます。各行には、[ウォッチ解除]コマンドを含む、ギア メニューがあります。

 

ウォッチにユーザを追加する

[ウォッチ]ページまたは作業アイテムの詳細ページから、作業アイテムに関心を持っている可能性のあるチーム メンバやその他のユーザを既存のウォッチに追加することができます。

[ウォッチ]ページからの場合

  1. ウォッチ行の右の[ウォッチャ]列の強調表示された数を選択します。
  2. ポップオーバーで、ドロップダウンを選択するか、[ウォッチャの追加]フィールドに入力して、追加するユーザを検索します。サブスクリプション内の表示権限またはそれ以上の権限を持つユーザのみが表示されます。
  3. マウスまたはキーボードでリスト内の目的のユーザを選択します。

[ウォッチャ]のリスト内にユーザが表示されます。

 

ユーザをウォッチに追加すると、そのユーザは最初の電子メール通知を受信します。ウォッチは、そのユーザの[ウォッチ]ページからも表示できるようになります。

詳細ページからの場合

+ は、現在ウォッチャが存在しないことを示しています。数字は、自分自身を含む、その作業アイテムをウォッチしているユーザの数を示しています。

  1. [ウォッチ]ボタンの右側のプラス(+)記号または数字を選択します。
  2. ポップオーバーで、ドロップダウンを選択するか、[ウォッチャの追加]フィールドに入力して、追加するユーザを検索します。サブスクリプション内の表示権限またはそれ以上の権限を持つユーザのみが表示されます。
  3. マウスまたはキーボードでリスト内の目的のユーザを選択します。

[ウォッチャ]のリスト内にユーザが表示されます。

ウォッチの削除

作業アイテムに関する通知を停止したい場合、ウォッチを削除することができます。ウォッチを削除するには、[ウォッチ]サマリ ページおよびほとんどのギア メニューにある[ウォッチ解除]コマンドにアクセスします。作業アイテムの詳細ページを表示しているときに[ウォッチ解除]ボタンを選択することもできます。

 

通知の電子メール内にあるリンクを選択することもできます。

ウォッチのフィールド

電子メール通知は、作業アイテムに対して行われるすべての変更(削除を含む)に対して生成されますが、一部のフィールド値はメッセージ内に表示されない可能性があります。

CA Agile Central はランクの値の計算に裏でアルゴリズムを使用しているため、ドラッグ アンド ドロップのワークスペースのランク変更では、以前または現在のランクの値が表示されません。これらの編集は、通知の電子メール内で「ランク変更」として表示されます。

ロールアップ フィールド

一部の作業アイテムには、関連する作業アイテムの集計値またはロールアップされた値を表示するフィールドが含まれています。関連する作業アイテムへの変更は、これらのフィールドに影響する場合があり、その場合はウォッチされている親アイテムに関して通知が発行されます。フィールドには以下が含まれます。

ユーザ ストーリーおよびディフェクトのフィールド ポートフォリオ アイテムのフィールド
  • 承諾日
  • ブロック済み
  • ディフェクトステータス
  • 直接
  • 子の数
  • 進行日
  • 計画見積もり
  • スケジュール状態
  • タスクの実績値合計
  • タスク見積もり合計
  • タスクの残存合計
  • タスク ステータス
  • テスト ケース ステータス
  • 遅延の子の数*
  • 承認されたリーフ ストーリーの数
  • 承認されたリーフ ストーリーの計画見積もり合計
  • 実際の終了日
  • 実際の開始日
  • 直接の子の数
  • リーフ ストーリーの数
  • リーフ ストーリーの計画見積もり合計
  • ストーリー数別の完了率
  • ストーリー計画見積もり別の完了率
  • 見積もりされていないリーフ ストーリーの数

* のアイテムは最下位のポートフォリオ アイテム タイプにのみ適用されます

フィードバック

ヘルプをお求めですか?CA Agile Central コミュニティは、セルフサービスとサポートのワンストップ ショップです。CA Agile Central サポートにフィードバックを送信したり、答を見つけたり、他のユーザとのコラボレーションには CA Agile Central コミュニティ にご参加ください。